スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■CG覚書:メタセコのテクスチャのつなぎ目の修正--力技

プラグイン「UVPowerTools」の新機能と「Keynote」を使って
テクスチャのつなぎ目などを修正する力技。ほぼ自分用覚書。

実用的ではないかもしれませんがいつか何かの役に立つことがあるかもしれません。
LWでのサーフェースベイカーをつかったつなぎ目修正の手順を
メタセコに無理やり持ってきた感じ。

興味あれば↓読んでやってください。

■テクスチャのつなぎ目の修正方法。力技。
・↓赤の矢印が指す3面のポリゴンのテクスチャの境界を修正するという設定。
s1.jpg
・修正したいオブジェクトを複製してkeynote用のモーフターゲットにしておく。[elem:obj1-obj1]等
・UVをすべて選択してUVPowerToolsの「記」でUVを記録


s2.jpg
・修正したい3面をフォトショなどで修正しやすいようなUVにする。
画像はとりあえずやっつけで3面のUVを焼きこんだ状態。
・UVPowerToolsの「ファイル出力」。「Memory UV Texture」にチェックを入れて
現状のUVの状態で記憶した時のテクスチャを変形して出力。
・・自分の文章力ではうまく表現できません。


s3.jpg
・こんな感じの画像が書き出される


s4.jpg
・テクスチャのつなぎ目を修正する作業をして画像を保存する。
この画像ではわかりやすいようにつなぎ目にラクガキしました。


s5.jpg
・保存した画像をボックスの材質のテクスチャとして適用。
もう一度UVをすべて選択してUVPowerToolsの「記」でUVを記録。


s6.jpg
・ボーンプラグイン「keynote」を起動。モーフターゲットのスライドを操作してモーフターゲットの状態100%にしてから「Freeze」。これでUVが初期の状態になる。
(keynoteのモーフはUVもモーフターゲットの状態に変形する)


s7.jpg
・再びUVPowerToolsの「ファイル出力」「Memory UV Texture」にチェックを入れて画像を出力。


s8.jpg
・こんな感じの画像が書き出されるので元のテクスチャと合成などをする。


s9.jpg
・できあがり。おつかれさまでした。
同じ結果の出るもっとスマートなやり方があるかもしれません・・。

LWではUVマップを2枚用意してやると思うのですが
メタセコでは「UVPowerTools」の「記」があっても足りないので
「keynote」のモーフまでむりやり利用しています。

メタセコ標準のペイントでは物足りないときとかに使えるかもしれませんが
実際のモデリング時にはこんな作業はしたくありません。

******追記*****
UVPTの’08/08/25の更新バージョンでUVを複数保存できるようになりましたので
この記事の方法は不要になりました。



アルターの「Chu×Chuアイドる チューア・チュラム」が届きました。
churam0.jpg
写真のとおり、インテュオスのペンと同じぐらいの大きさで
スケールにすると1/9~1/10くらいのサイズですが
造形のシャープさやボリュームのある空間表現で小ささを感じさせません。

churam1.jpg

churam2.jpg

とにかく作りこみがすごいです。

ただ目の下に汚れがあったり、ギターにムラがあったり
サンダルの塗装が安っぽかったり、いくつか塗装で残念な点がありました。

コメントの投稿

Secre

おはようございます。macchaと申します。
改めまして、ご挨拶に伺いました!!
先日は突然押し掛けた揚句、無理なお願いをしてしまい申し訳ありませんでした。
にもかかわらず、温かいお返事をいただけて感謝感激!!と言うか、今まで雲の上の存在だった、かこみきさんに相手にしてもらえて感無量です!!
どうぞ、今後共宜しくお願いいたします。
追伸:自分は半田市ですので、近いと言えば近いかな?以前、イトーヨーカドーのそばで、犬猫病院作ってました(;゚Д゚)

いやいや全く無理なお願いってこたーないですよ。
てか雲の上ってこともないですよ。
雲の上のひとはもっと他にたくさんいるです・・。よく凹んでます。
また気が向いたら書き込んでやってください。

ローカルネタですが・・
半田ですか。うひゃー近いですね。
というのも職場が半田だったりします。
仕事帰りの夕方に三洋堂とかPCデポとかによく出没してますよ。
ヨーカドーも家から近いです。

始めまして

UVPowerToolsのテクスチャ書き出し機能、自分で作っておいてなんですがこんな使い方があるとは目から鱗です。
さすがにkeynoteと連動は強引な気がしたので選択部記憶をレイヤー対応してみました。
よろしければお使い下さい。

はじめまして。
Jamaさんの作られたプラグインにはめちゃめちゃお世話になってます。
公開されてる4つのプラグインすべて使わせていただいてますが、導入以前に比べて
制作時間が思いっきり短縮されました。
もうプラグインのない昔の環境には戻れないです。素敵プラグインをありがとうございました。

>さすがにkeynoteと連動は強引な気がしたので選択部記憶をレイヤー対応してみました。

ありがとうございます。早速使わせていただきます。
この日記のkeynoteとの連携技は非現実的なネタでしかありませんでしたが
今回の機能拡張で日常的にやれそうです。ありがたく使わせていただきます。

ボタンが目いっぱい増えてて一瞬ギョギョっと思ったのですが
以前のバージョンより他の機能のボタンとの差がついて
操作もしやすくなった気がします。
4つも記憶できるとなると他にもなにか新しいこと、おもしろいことがができそうですね。

そういえば画像書き出しの際、何回かエラーが出てメタセコが落ちたことがありました。
再現性がないのでいい加減な情報ですが・・。
落ちる条件がわかりましたらBBSに報告させていただきます。

便利に使って頂ければ何よりです。
また新しいネタを頂ければこちらも嬉しいです^^

エラーチェックが甘いんで色々と不具合があると思います。
ご利用の前はセーブを忘れずにお使い下さい>_<

新機能、改めて使ってみましたが
人物のモデルのUV展開済みの頭部に
アイドルとかの写真を焼きこんで画像出力とかして遊んでました。
いままで出来そうで出来なかったことが簡単にできるので非常に楽しいです。
(これはレイヤー4つなくても出来そうですね)
もっと他にも何かおもしろいことが出来そうな可能性を感じます。

>また新しいネタを頂ければこちらも嬉しいです^^

機能としては地味ですがUVの
ベルト選択とか欲しい瞬間があったりしますが・・地味ですね。
今でもやれないことはないのでネタとしては弱いですね。
プロフィール

かこみき

  • Author:かこみき
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。