スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタセコ覚え書き2

わんだらぁさんのプラグイン「Ambient Occlusion」(http://www.wanderer.jp/)が
テクスチャーを描く際にも使えるかも。

「Ambient Occlusion」はGIっぽい陰影を頂点色に焼き付ける(?)プラグインなのですが
d00さんの「uv2xyz」(http://d00.cool.ne.jp/blog/)を使ってオブジェクトをUV値に変換して
メタセコでレンダリングしてやれば
GI風陰影つきのUV展開された画像を得ることができます。

衣服などの複雑な凸凹があるオブジェクトのテクスチャーをUV展開図を元に描く時、
どこが凸でどこが凹かわかりづらい場合がよくあります。
この2つのプラグインで得られた画像であればそれが分かりやすいので
テクスチャーを描きやすくなるかもしれません。

gi.jpg
(↑ちょっと分かりづらいサンプル。)

あー、んでもちょっと手順も多くて実用的ではないかも。
LWであればサーフェースベイカーで一発だし。
そもそもメタセコの「ペイント」で凸凹の目印を描いてやる方法もありますね。

んまぁメタセコおぼえがき、ということで..。

gi2.jpg


ちなみに「Ambient Occlusion」、
面が三角か四角でえらく結果に差が出るんですね。
面は三角にしたほうが吉ですかね。

コメントの投稿

Secre

プロフィール

かこみき

  • Author:かこみき
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。